コラム

代表ブログ

有限会社クロスロード

  • TEL:03-6222-8555
  • FAX:03-6222-8556
  • 東京都中央区新川1-3-23
    八重洲優和ビル3F

さいたまオフィス

  • さいたま市見沼区東大宮1-71-25
  • フリーダイヤル:0120-062-951
  • E-mail:info@e-crossroad.jp

●当サイトはリンクフリーです。リンク希望の際は一応お知らせくださいね。

コラム

このページ以外のコラムはブログにございます。
こちらもご覧ください

代表ブログ
ファックスは外出先でも確認できる!

不要なファックスは印刷しないという記事を書きました。パソコンで管理すれば、必要なものだけ印刷でき、用紙やカウンター料金が節約できます。アナログなファックスもデジタルで管理できる時代です。
さて、外出先でメールをチェックできるのはもはや当たり前ですが、事務所に届いたファックスも確認できたら便利じゃないでしょうか?簡単な設定で実現できます。特別なサービスや機器は必要ありません。
複合機とお手持ちのスマートフォンがあればOKです。複合機であればファックスをスマートフォンに飛ばすことができます。 これで、ファックスを確認するために、事務所に電話したり、戻ったりする必要がありません。経費や時間を節約でき便利ですね。ファックスを見るのに iPhoneなど スマートフォンでは画面が小さいという方は、iPadなどタブレット端末で見ることもできます。
複合機だけでなく、ソフトバンクiPhoneとiPad複も弊社で扱っておりますので、お気軽にご相談ください。いろいろと便利な使い方をお教えします。

ちょっと便利な使い方編 毎回、同じ設定を繰り返し入力ていませんか?

例えば、コピーを取るとき、「この文書は両面コピーで、ソートして… 」やスキャンををするとき「宛先を選んで、ファイル形式はpdfで、読み取り向きはこうで…」など、毎回同じ設定を使うのに、その都度いろいろな項目を入力していませんか?
確かに最新の複合機はタッチパネルで画面も大きく、設定項目も見やすく、簡単に設定できるようになっていますが、いろいろな項目のタブを開いたり、画面を開くのは面倒なもの。 そこで活躍するのが、設定内容を記憶できる「プログラマーキー」です。
一度、その原稿をコピーやスキャンする設定をして、さあスタートキーを押すぞ、というところまで入力します。その状態をポンと記憶して、次回からは1つのボタンでできる機能があります。
これを使えば、次からの工程はボタン操作は2回!プログラマキーを選んでスタートだけ。項目を行ったり来たりする必要なしで簡単です。
ちょっと前の複合機にもあると思いますが、コニカミノルタの最新機種 bizhubはもっと便利!たくさん登録できるし、操作もしやすいです。 おすすめです。コニカミノルタ複合機のリースはぜひ弊社で。ご相談お待ちしております。

リースの契約は必ず内容を確認してください!

たまにあることです。弊社のホームページからお問合せをいただいたお客様に数日前に複合機の見積もりを提出しました。既に他社の見積もりもとっておられていたので比較検討いただきました。性能面では決して負けないのですが…結果は他社へ注文となり、わざわざ断りの電話もいただきました。残念・・・と思いきや、今日また同じお客様から電話をいただき「御社のリース料金は5年リースで間違いないよね?」とのこと。「もちろん5年リースです」と私…「そうだよねー、じゃあやっぱりオタクとリース契約するよ」
やったー!でも、どうして??? そうなんです、競合他社は5年リースではなく、6年リースの見積もりだったのです。しかも、見積書ではわからないようにうまく作ってあるらしい。もし、そのお客様がリース契約書の期間の欄に72ヶ月と記されていることに気付かなければ、その販売会社はそのまま契約してしまったのでしょうか?普通の感覚ならできないけどなぁ…
同業者のほとんどは、きちんとしたコピー機、複合機販売会社です。これは間違いありません。しかし、残念ながらそうではない業者もいます。あの手この手で格安、激安価格に見せる工夫をします。1円コピーとか、用紙がずっと無料とか、カウンター料金なしでトナーを買うだけ、とか…
見積書やリース契約書は必ずご確認を!弊社はそのような卑怯なまねは一切しませんが。

複合機でできる!印刷しないでファックスを送信

複合機を導入して便利なのは、もちろんいろいろあるでしょうが、パソコンからダイレクトにファックスを送れるというのは非常に良い便利な機能です。席を立たずにパソコンから送れちゃうわけですから…(ダイエットには良くないかも)
そんなことより、紙代とプリント代が削減できるわけです。
更に、細かい図面や画像が非常に綺麗に送信できます。よくある斜め送信もなくなりますし、もちろんファックス送信案内のカバーシートだってありますから、本当に便利です。是非ご利用あれ!

複合機でできる!必要なファックスだけを印刷する方法

事務所のファックスにダイレクトメール(DM)が送信されてきませんか?頼んでいないのによく送られてくるというハナシをよく聞きます。もちろん弊社にも結構送られてきます。かなり怪しい金融、ゴルフ会員権、セミナーやリサイクルトナー、SEOに格安パソコン・・・お客様のなかには「困っている」とか、なかには「非常に迷惑」という方もいらっしゃいます。
今回のコラムを書かせていただく私Wにしてみれば、こういったDMのキャッチコピーとか、集客方法なんかを見るのは結構楽しいですけど。たまに参考になるようなハイグレードなものもあったりして。(^o^)b
でも、やはり不要なファックスは印刷したくないという需要は当然あります。紙の無駄だし、トナーの無駄だし(弊社の場合はトナーは無料ですけど)、カウンター料金の無駄ですから。
家庭用のファックスの中には、ファックスのディスプレイで内容を確認し、不要なものを削除できる機能が付いている機種があります。しかし、ビジネスで送られてくる多くのファックスを、本体の大きくはないディスプレイで一々確認するわけにもいかないですよね。
そんなときは複合機ならばパソコンで確認することができるのです。
要するに受信したファックスのデータをプリントアウトしないように設定し、パソコンの画面で画像を見てから必要なものだけをプリントするようにすればよいのです。簡単に設定できます。
もちろん設定希望のお客様は無料で設定いたしますのでお申し付けください。
弊社は、保守期間中のこのような設定は全部タダですから!
それからコニカミノルタの複合機には、迷惑ファックスを送ってくる相手先の番号を登録し、以後のファックスを受信拒否する機能が搭載されています。これは非常に便利!だからやっぱり複合機ですね。

レーザープリンタと複合機はどっちがお得?

最近とても多い質問がこれ。カラーにしてもモノクロにしてもよく訊かれます。結論は・・・複合機が得です。ただし、プリントとコピーとファックスの出力枚数合計が月に200枚程度で、既にファックスもスキャナも、そこそこの性能の機械を持っているようであれば、イニシャルコストを考えればレーザープリンタの方が安いでしょう。3年間くらいならば。
「よくある質問」にも書きましたが、複合機とは要するにコピー機、ファックス、ネットワークプリンタ、ネットワークスキャナ、文書を共有したり受信したファックスを貯めたりするためのハードディスクなどを業務に合わせて選択し、一体型にできるコピー機です。
そして、プリンタはコピー機ではありません。家庭用は別ですが、ファックスにもなりません。スキャナにもなりません。ようするにパソコンで作成したドキュメントを印刷する機械です。
エプソンの複合機などは、単なるプリンタに、スキャナを搭載してコピーのようにしているのですが、やはり画像がイマイチ、イマニです。
それからランニングコストの違いも大きな違いです。プリンタはトナーあるいはトナーカートリッジを購入する方式ですからコストが高くなります。そして複合機は通常トナー無料のカウンター方式です。「コピー料金を削減する本当の方法」にも書いた通り複合機は使用している間の修理代もかかりませんし、コストが安いのです。それに、何かトラブルがあればサービスマンが駆けつけて直してくれるわけです。
もちろんレーザープリンタと複合機では価格が違います。しかし、プリンタもコピーもファックスもスキャナも文書用のサーバーも別々にしてスペースも使い、消耗品の管理にも大変な思いをし、しかも修理代がバカ高いとなれば自ずと複合機の導入を考えるべきなのではないでしょうか。コピーワークも文書管理もスムーズになるし、ファックスをいちいち印刷してから送信することもないし、設定すれば受信したファックスのうち不要なものを印刷せずに削除もできます。そしてコピー機能とファックス機能は高度です。A3までの文書や図面をスキャンすれば瞬時にPDFやJPGなどに変換し保存してくれます。
これで経費が安いのなら、やっぱり複合機に軍配が上がります。
この件でもし不明な点や質問などございましたら、何でもお気軽にメールでも電話でもお問合せください。

梅雨時期とコピー機の関係

この時季はコピー機、複合機、プリンター(特にレーザープリンタ)などの扱い注意すべきだということをご存知ですか?
理由は用紙に含まれた水分。紙は湿気を良く吸収します。コピー用紙も同じこと。この湿気を含んだ紙が、紙詰まりや重送(紙が重なって排出される)を招いたり、トナーがうまく付着せずに白抜けしたりという現象を起こしたりするのです。
解決方法としては、用紙の包装をできるだけ密封することです。なにしろ湿度を避けること。包装されている用紙が全て給紙カセットに入れればよいのですが、もし余る場合には包装紙をキッチリ閉めて、できるだけ外気に触れさせないようにすると大分違うようです。
またマシンのそばで除湿機を使うと非常に良いのですが、そこまではなかなかできないでしょう。大きくて空調がしっかりしたビルに入居なさっている会社は、条件としてはかなり良いですよね。
詳しい事は担当のサービスマンに訊いてみてください。

PS.このコラムのブログ形式ホームページはこちらです。

代表ブログ

本サイト内のいかなる文章も複製することを禁ずる。 有限会社クロスロード